スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下条・淀師さんぽ

記事本文へ
 

5月4日(水)。晴天。

下之坊のフジと下条妙蓮寺のボタンを観賞しつつ、下条地区を散策。

  • 参拝リスト
    • 下之坊
    • 下条 日吉神社
    • 下条妙蓮寺
    • 上野山法善寺
    • 渋沢前 山神社
    • 金之宮
    • 〔3日〕 岩本山実相寺
下之坊
フジ
フジ

大石寺の末頭寺院。南条氏の持仏堂(下屋敷とも)に寄宿していた日興が正応2年(1289)に開創。現在の本堂は昭和48年再建。境内の「かなと蔓」は、身延山を離れて当地にたどり着いた日興一行の荷を結束していた蔓が根づいたものと伝える。◆所在地/富士宮市下条2021。宗派/日蓮正宗。

藤棚で有名な下之坊。朝一、人気のない境内をのんびり散策。

例年なら最盛期らしいのですが、 今年はようやく咲きだしたといったところで、房はまだまだボリューム不足。とはいえ、十分きれいでしたし、甘い香りも楽しめました。

下条 日吉神社
遠景
拝殿

浅間大社の元末社。同社社記によれば「山城国日吉社」を勧請したといい、元和3年(1617)の浅間大社社領目録に「上野山王領4石」とみえる。下って寛政2年(1790)の『本宮及末社間數坪數書』には「社地1,379坪 山王禰宜屋舗1,224坪」と所載。禰宜は四條氏の世襲だった。◆所在地/富士宮市下条字宮下1151。主祭神/大山咋命、大名牟遅之命。旧社格/郷社。

下之坊に参詣者が増えはじめたころ同寺を辞し、周辺を散歩することに。のどかな田園風景を楽しみつつ、日吉神社へ。

ここは約3年ぶり。ずいぶんとご無沙汰をしてしまいました。以前よりも境内が荒れている印象だったけど、時期の問題かな。

下条妙蓮寺
ボタン
境内

日蓮正宗の本山。正中元年(1324)3月、南条時光が妻の一周忌にさいし自邸を寺に改め、日華を開山と仰いだ。寺号は妻の法号から名付けられた。武田氏や徳川氏から寺領寄進や諸役免許を受け、江戸期は朱印地26石6升8合。盛時は塔中20坊、末寺8寺の規模で、現在は塔中7坊、末寺3寺。◆所在地/富士宮市下条688。宗派/日蓮正宗。本尊/日蓮親筆板本尊。

散歩を切り上げ、ボタンを観賞するべく下条妙蓮寺へ。

下之坊のフジ同様、今年は開花が遅れ 、つぼみが多かったです(サクラをはじめ、みな遅れていますね)。境内はボタン目当ての参詣者でにぎわっていました。

上野山法善寺
山門
本堂

妙蓮寺末。元和元年(1615)3月、日慶が建立した。江戸後期の諸地誌に「上野山法善寺 妙蓮寺末」と載り、『駿河国新風土記』は「平僧地」と付記。明治中期『皇國地誌』は「東西24間 南北15間 面積292坪 村の中央にあり 妙蓮寺末」と所載。◆所在地/富士宮市下条848。宗派/日蓮正宗。

続いて妙蓮寺そばの法善寺へ。

境内整備中で落ち着かない雰囲気。サクサクと参詣をすまし、足早に退散。

渋沢前 山神社
鳥居
祠

創祀不詳。『富士郡神社銘鑑』に嘉永2年(1849)3月27日の棟札記録が載り、『駿州富士郡淀師村澁澤氏子中』とみえる。現在は第一町内山ノ神講によって祀られ、毎年1月17日と10月16日に祭礼を行っている。◆所在地/富士宮市淀師字澁澤前524。主祭神/大山祇神。旧社格/無格社。

帰路、淀師の2社を参拝。

1社目は山神社。そばの金之宮が例祭のため、当社の幟台にも金之宮の幟が立てられていました。

金之宮
幟
拝殿

淀師の氏神。浅間大社の元末社で、天正5年(1577)『富士大宮御神事帳』や慶安3年(1650)『富士本宮同末社年中之祭礼之次第』に記述がみえ、5月4日に流鏑馬が奉納されていた。江戸期は「金之宮子安明神社」と称され、神域509坪。社叢は市保存樹林。◆所在地/富士宮市淀師1381-1。祭神/木花之佐久夜毘売命・金山毘古神・金山毘売神。旧社格/村社。

2社目は金之宮。例祭用に飾り付けられ、華やいだ雰囲気でした。

囲みにあるように、むかし金之宮の祭礼には流鏑馬が奉納されました。これは浅間大社五月会(流鏑馬祭)の一環で、ほかに米之宮浅間神社若宮八幡宮若之宮浅間神社山宮浅間神社富知神社でも行われました。

数ある浅間大社の摂社・末社のなかで、流鏑馬が奉納されたのは上記の各社のみ(下方五社も行いましたが、この5社は浅間大社の摂社・末社ではありません)。それをかんがみれば、金之宮はけっこう重要なポジションにあったように感じます。……金属の神を祀っているあたりに起因するのかなぁ。


5月3日(火)。曇り。

岩本山実相寺
藤棚
本堂修復

岩本山の南ろくから山腹に甍を並べる日蓮宗霊跡本山。久安年間(1145~50)鳥羽法皇の勅願により、比叡山横川の智印が台密の寺として開創。正嘉2年(1258)日蓮が入山、一切経を閲読し『立正安国論』を起草。のち日蓮宗寺院となり、地域の布教拠点となった。武田信玄の兵火で焼失、慶長年間に再建。◆所在地/富士市岩本1847。宗派/日蓮宗。本尊/十界曼荼羅。

4月29日に撮り忘れたモノがあったので、再訪して撮影。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。