スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石造物いろいろ/水神

水神は、水を司る神の総称。水への感謝や水災防止の祈りをこめ、水源や井戸、河川、田んぼなど水辺に祀られています。神道系の神としては罔象女神や淤加美神、瀬織津比売神が知られ、水の清らかなイメージから全般的に「女神」とされます。仏教との習合により、弁才天や宇賀神を祀ることも多く、また民間信仰では水神の化身や神使を「竜」や「蛇」と考え、これらが崇拝対象となっています。

(→ 石造物いろいろ/インデックス)
造形

水は生き物に欠かすことができない存在のため、その信仰は古く、篤く、各地にまんべんなく浸透しています。形態は石碑、石塔、石祠など千差万別。石碑・石塔の場合、「水神」と刻まれることが多いものの、神名そのものや「弁才天」「竜神」と刻んだタイプもあります。また竜や蛇、弁才天、宇賀神の彫像型も散見されます。

浅間神社
石井浅間神社(富士市石井)参道
出水観音
出水観音堂(富士宮市淀師)前
村山
村山浅間神社(富士宮市村山)入口

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。