スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石神・石仏〈5〉 沼久保の双体道祖神

双体道祖神

富士宮市沼久保。
JR沼久保駅の東、旧道から集落へ下る坂道ぞいに鎮座。
木陰のため、白い苔でうっすらと化粧しています。

2神を彫った双体道祖神。
高さ約55cm、幅約35cmの板碑型。
寛政11年(1799)12月の銘があり、
建立から200年以上経ているものの、状態は上々。
表情や着衣、文字もはっきりと判読できます。

2神とも同じような小袖を着用し、
にっこりと満面の笑顔で寄り添い、肩を抱き、かたく握手。
面立ちは幼子のように柔らかく、どことなくコケシのよう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。