スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石神・石仏〈4〉 小松原の馬頭観音

馬頭観音

富士宮市沼久保字小松原。
JR沼久保駅のほど近く、旧県道沿いに祀られています。
すぐ脇から細道が分岐し、そちらへ歩くと小松原組山神社

舟後光型の浮き彫り馬頭観音2基。
左は文化13年(1816)5月、右は天保10年(1839)3月銘。

いずれも合掌し、馬頭観音のシンボル・馬の頭を戴いています。
観音さんの表情は風化してうかがえませんが、馬はけっこう鮮明。

この観音さんが面する道は、身延詣での道だったそうです。
むかしは荷役のお馬さんがさぞ頻繁に往来していたことでしょうね。
その供養や無病息災を祈って、または道標として建てられたのでしょう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。