スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県東部地震による社寺の被害状況(1)

去る3月15日、静岡県東部を震源とする静岡県東部地震がおき、富士宮市で震度6強、富士市で5弱を記録しました。幸い、揺れの強さのわりに被害は軽微にとどまり、懸念の浜岡原発も無事。ほっと一安心です。

ただ、建物の瓦やブロック塀などは相応に損壊し、社寺の被害も少なくありません。富士山世界文化遺産・構成資産候補の神社も被害にあいました。さきの東日本大震災でいまだ多くの方が安否不明となっている現状、呑気に文化財の心配をするのもどうかと思いましたが、気にされている方もいらっしゃるでしょうし、簡単に報告します。(つづく

天神社 (富士市吉原3-1-10)

撮影は17日のお昼。多数の石造物が損壊していました。確認できたところでは、元治元年(1864)に建立された玉垣が倒壊し、同年建立の鳥居の一部が剥落。鳥居後ろの嘉永2年(1849)の灯籠と、境内半ばの嘉永6年の灯籠が倒壊していました。いずれも東海道吉原宿の人々が奉献した貴重な石造物です…。 (→天神社

富士山本宮浅間大社 (富士宮市宮町1-1)

19日撮影。徳川家康が再建した本殿(国重文)や拝殿(県文)、楼門(県文)など重要な建築物があるだけに心配されましたが、これらは無事。ただし、幾本かの境内灯籠がズレており、注意をうながす張り紙が。(→浅間大社

この記事へのコメント

- fairysoul - 2011年03月30日 13:03:10

地震、心配しました。実家も無事でしたが親戚のお家は・・・
まぁ、命が一番。
神社・仏閣も小さい被害や見えない被害がきっとたくさんあったんでしょうね・・・

Re: タイトルなし - やそば - 2011年03月31日 08:31:41

fairysoulさん、こんにちは。

野中や村山、大淵・中野あたりは、けっこう被害にあってしまったようですね。
道を走っていると、倒れた墓石や崩れたブロック塀、
屋根にブルーシートをかけた家をあちらこちらで見かけました。
わたしの友人や同僚の家も、屋根瓦が…。

報道が少ないので被害の全容はよく分からないですが(苦笑)、
でもホント、人的被害が軽微だったことが救いでしたね。

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。