スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野中瀧戸八幡宮の馬頭観音

馬頭観音

瀧戸八幡宮の境内にある馬頭観音。庚申塔や石祠とともに祀られています。江戸中期の明和9年(1772)建立で、正面に「南無馬頭観音」と刻まれています。

瀧戸八幡宮は昭和24年まで、富士宮第三中学校運動場付近(野中665番地)に鎮座していました。旧地は旧身延山道ぞいです。むかしは荷役の馬が頻繁に往来していたでしょうし、また近隣農家には農耕馬もいたことでしょう。この馬頭観音は、それら馬の供養や無病息災を祈って建てられたのかもしれません。

(→ 石造物いろいろ/馬頭観音

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。