スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青陽山陽徳寺の積善供養塔

積善供養塔

陽徳寺(富士市吉原)にある自然石型の塔。正面に「積善供養塔」と大きく、ふかく刻まれています。建立は寛政5年(1793)10月29日、建立者は「吉原驛 善事講中」「中里邑講中拾三人」「鍛治屋瀬古講中三拾三人」の人々。

積善供養塔について、わたしは詳しく知りません。この塔が唯一の目撃例。一般的に、「積善」は善行を積むことをいい、「供養」は仏などに供物をささげること。まぁ、おそらくそのままの意味なのでしょう。建立した講中は、吉原から今泉(鍛治屋瀬古)、中里まで広範囲に及んでいますから、かなり流行った信仰なのかもしれません。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
最新コメント
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
Twitterもやっています

Twitter < > Reload

参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。